高卒資格を取得できる通信制サポート校である早稲田サポート学院

おすすめ通信制高校

この記事では早稲田サポート学院について紹介していきます。

早稲田サポート学院は、通信制サポート校になりますので、高卒資格を取得する認可校ではありません。

しかし、通信制高校の学習方法である「自宅学習」において、「自分で学習を継続していくのが難しい」「レポートの管理ができない」といった人に対して、学習面やメンタル面のサポートをしてくれる学校です。

3年間で卒業することができるように、学習カリキュラムを一緒に考えてくれたりするので、検討してみてはいかがでしょうか?

資料請求はこちらからどうぞ。

↓↓↓

早稲田サポート学院ってどんな学校?

早稲田サポート学院は、通信制高校+通学予備校の要素を合わせたサポート校になります。

広域の通信制高校と提携しているサポート校になるので、卒業することができれば、高卒資格を取得することができます。

通常サポート校の場合は、別に通信制高校に出願して入学する必要がありますが、早稲田サポート学院では、通信制高校に同時に入学することができるので、手間を減らすことができます。

その為、入学すればその瞬間から高卒資格取得に向けた学習を行うことができます。

早稲田サポート学院の特徴

早稲田サポート学院は、進学を見据えた生徒の未来を共に考えてくれるサポート校になります。

その大きな特徴は、完全学年別教室制であるということです。

学年ごとの数人の同じ学年の仲間と一緒に学習を行うことができるので、仲間意識も高まります。

1か月の無料体験授業を受けることができるので、教室の雰囲気を知ることができたり、実際の授業の内容やスピードを肌で感じることができます。

ただし、全員が同じ教育内容を行っていくわけではなく、個々に合ったカリキュラムや方針をしっかりと作成して卒業まで学習を進めていくことができます。

卒業生チューターがいる

早稲田サポート学院を卒業して大学に進学した生徒が、補助講師である「チューター」として専任講師とともに生徒の学習をサポートしてくれます。

かつて在学し、大学に進学した経験をもとに、生徒に寄り添いながら同じ目線に立って学習をサポートしてくれます。

学習以外のアドバイスなども行ってくれるので、相談しやすいのも特徴です。

海外留学体験も可能

海外の語学学校と提携しているので、語学研修や、体験ダイビング経験などを通した様々な国際交流を行うことができます。

日常生活では味わえない体験をすることができるので、グローバルな視野を持って社会貢献することができるようになります。

早稲田サポート学院の詳細

早稲田サポート学院 矢田キャンパス

住所 〒461-0043 愛知県名古屋市東区大幸1丁目4−27 サンハイツ小山
電話番号 052-723-6969
年間の学費 1単位3万円程度~
ホームページ 公式サイトはこちら

矢田キャンパスへのアクセス

コース内容について

早稲田サポート学院のコース内容は、以下になります。

・通信制高校サポートコース
・高卒認定コース

早稲田サポート学院では、通信制高校を卒業するためのサポートをするコースと、高卒認定試験に合格するためのコースの2種類があります。

通信制高校サポートコース

通信制高校サポートコースは、その名の通り「通信制高校を3年間で卒業することができるように学習をサポートしてくれる」コースです。

学校に入学しても馴染むことができなかったり、居心地がわるいと感じてしまっていたりすると登校するのがいやになってしまいます。

そういった生徒の為に、まずは生徒の居場所を見つけ、将来の夢を探す手伝いから始めてくれます。

具体的には、定期的なカウンセリングやヒヤリングを行って、カリキュラムを一緒に作成する手伝いをしてくれます。その為、無理なく学習を続けることができるようになります。

また、登校日、授業数、科目に関しては、全て自由に選択することができ、柔軟に組み合わせて作成してくれます。

高卒認定コース

高卒認定コースは、仕事等が忙しくて学校に通いながら高卒資格を取得するのは難しいといった方に適したコースになります。

「学びたいことができた」「大学に行ってしっかりと知識を身につけたい」「自分のペースで勉強を続けたい」といった色んな思いに答えて高卒資格の取得から大学進学までをしっかりとサポートしてくれます。

そもそも高卒認定試験というのは、「高等学校卒業程度資格認定試験」と言い、高校卒業レベルの学力があることを証明するために行う試験の事です。

この試験は、高等学校を実際には卒業していなかったとしても、試験を受ければ学力が認められるので、大学進学や就職の為のアピールに使用することができます。

しかし、一般入試以外でも推薦入試などの多様化する試験制度に一人で対応するのは難しいです。

そこで、早稲田サポート学院では、確実な志望校合格を目的とした、個々にあった入試方法の選択や学習計画などを柔軟なカリキュラムと線密なサポートでバックアップしてくれます。

大学進学に合わせた様々なコース内容

一口に大学進学と言っても、試験を受ける大学のレベルによって試験対策は変わってきます。

そこで、早稲田サポート学院では、大学のレベル別に4つのコースに分けて学習をサポートしてくれます。

・中堅私立大学コース
・難関私立大学コース
・中堅国公立大学コース
・難関国公立大学コース

志望校によって受験対策は変わってきます。

進学する大学によってコースを選択すると、的確な授業を受けることができます。

その他にも多彩なコースがある

上記のコース以外にも様々なコースがあります。

海水魚メンテナンスコース/ダイビングインストラクターコース/TOEICコース など

学費について

早稲田サポート学院の学費は以下になります。

項目 費用
入学金 不要
施設設備費 不要
教育関連諸費 不要
教材学習費 不要
スクーリング費 不要
1単位あたりの授業料 31,200円
学費合計 780,000円(25単位履修の場合)

早稲田サポート学院は、入学金や施設設備費などはかかりません。

費用としてかかるのは1単位あたりの授業料になります。

1年で25単位履修すると考えると、授業料はかなり高くなります。

しかし、通信制高校と提携しているサポート校であると考えると、そこまでではないでしょう。

授業料を一括で支払うのが難しい場合は、分割決済をすることも可能です。

電話やネットから簡単に分納の申請を行えばいいだけなので非常に簡単です。

大学進学実績

早稲田サポート学院を卒業してからの進学実績が気になる人もいると思いますので、確認してみましょう。

青山学院大学/学習院大学/中央大学/東海大学航空宇宙学科/桜美林大学パイロット養成コース/関西大学/南山大学/愛知大学/愛知淑徳大学/愛知学院大学/名古屋学院大学/愛知県立大学/愛知教育大学/九州大学 など多数

有名な大学への進学もありますが、目立つのは校舎がある愛知県の大学への進学です。

通いやすさ等を考えた時、やはり愛知県にある大学に進学したいと思う人は多いのでしょう。

その為のバックアップをしっかりと行ってくれるので、地元の大学に通うことができているのだと思います。

まとめ

早稲田サポート学院では、自分の居場所がないと感じている生徒に対して、居場所を提供してくれる通信制サポート校です。

学習面に関しては、個々のペースに合わせてカリキュラムを組みながら勉強をサポートしてくれるので、無理なく続けることができます。

自分で学習計画を立てるのが苦手であったり、レポート管理に自信がない人にはお勧めです。

また、高校卒業だけでなく、大学進学や就職などもしっかりとサポートしてくれるので、将来の目標をしっかりと見据えながらの学習をすることもできます。

資料請求はこちらからどうぞ。

↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました