通信制高校卒業者の進路は?!

進路 通信制高校について学ぶ

通信制高校を選択する場合、いずれにしても「高校卒業資格を得たい」という理由があると思います。

大学受験をするには高校卒業資格が必要ですし、就職するにしても最終学歴として高校卒業資格があれば選択肢が広がります。

うちの娘には大学に行ってほしいと考えているのですが、各ご家庭ごとに色々と事情はあるでしょうし、最初から就職を考えている場合もあるでしょう。

一般的には通信制高校を卒業後、どのような進路をたどるのか調べてみました。

通信制高校を卒業した後の進路

通信制高校を卒業した後の進路について調べてみました。

進路出典:定時制課程・通信制課程高等学校の現状

平成24年のデータですが、このようになっています。

・大学等進学者 16.7%
・専修学校(専門課程)進学者 21.6%
・専修学校(一般過程)等進学者 数%
・公共職業能力開発施設入学者 数%
・就職者 14.3%
・それ以外 44.5%

半分近くが進学も就職もしていないことに驚きですが、おそらく、あまりしっかりした目的を持たずに通信制高校に通っていたのかもしれませんね。

とはいえ、進路別の卒業状況のデータなので、卒業自体はできているわけです。

そこを大きな目的としているならば御の字ではあります。

私が一番気にしている大学進学については、16.7%ですね。
普通に勉強してくれればこの中には入るのではと感じているので、頑張ってほしいです。

勉強自体は、参考書などいくらでも市販されていますし、自分で計画的に進めるだけなのできっと大丈夫!

就職のしやすさ

就職

通信制高校と聞くと、なんとなく「就職に不利なのでは?」と感じる人も少なくないと思います。

私もその一人です。

ただ、高校卒業資格を得られることは間違いないのですから悲観するものではありません。

私も含めてあまり詳しくないので、そういう偏見をしっかり払拭できる生活、学習を進めていけば問題ないはずです。

多少時間に融通がきくところもあるわけですから、専門的な学習や資格試験を受けることもできます。

あまりネガティブに考えずに、むしろ自制が必要な環境を活かして生活すれば、面接などでもそういった点を評価してもらえる気がします。

学習内容も個人ごとに異なるでしょうが、計画的に物事を進める力をアピールできれば好材料だと思います。

その他、時間管理次第では資格試験を受けることも可能です。

高校卒業資格のみならず、就職に有利になりそうな資格に挑戦するのもよいでしょう。

どんな仕事に就くことを想定しているかにもよりますが、TOEICや簿記など、汎用性の高い資格であれば評価につながりやすそうです。

専修学校への道

やりたいことがはっきりしているなら、その分野の知識を先取りしておくのも良さそうです。

プログラミングやアニメーターなど、趣味の延長上でお仕事が成り立つ世界もあります。

通信制高校である程度の一般教養を身に着けつつ、興味のある分野に邁進していくのも良い道だと思います。

専修学校への進学率が20%以上もあるので、実際にそうした道に進む学生も多いのでしょう。

実は通信制高校でも専門的な学習過程を持っている学校があります。

トリマーや飼育に関するもの、パティシエや調理関係、製菓など、ゲーム開発やアニメーター、ファッション関係、美容関係と様々です。

通信制高校を選択する場合には、そうした教育過程についてもチェックしてみるとよいですね。

通信制高校を比較したい場合は、ズバット通信制高校比較のサービスがお手軽でおすすめです。

一括で資料請求できるので簡単でした。

通信制高校といえども全力で

全力

通信制高校を卒業後に、専修学校に進むも就職するも、明確な目標を持って取り組むことが重要だと思います。

通信制高校と聞くと、世間的にはそんなによい印象が無いのが事実です。

そうした中で将来の選択肢を狭めないためには、より一層堅実な生活を送っていかなくてはなりません。

自覚をしっかり持って、マイナス面を払拭するほどの活動をして、やっと認められる程になるのでしょう。

決して適当に過ごして卒業できるわけではありませんし、通常よりも簡単な道などと思ってもいけないはずです。

たまたま何らかの事情がある人が選択できる、通常コースの隣の道というだけであって、その後通常コースに戻っても良いわけです。

何が通常なのかというのも難しい問題ですが、それは人ぞれぞれの心の持ちようだと思います。

いずれにしても、通信制高校を選択することに関してネガティブな感情を持たず、その中で全力を尽くして過ごすことが、子供の自信へもつながると考えています。

うちの場合は、その中で培った自信が、人付き合いが苦手であることの克服につながってくれたらいいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました