通信制高校の部活動について

通信制高校 部活動 通信制高校について学ぶ

通信制高校に通う理由は人それぞれかと思います。
うちの娘の場合は人付き合いがネックだったのですが、それもあって部活動には関心が有りませんでした。

ところが、逆に、通信制高校でも部活ができる高校を探している人もいるようですね。
毎日通学があるわけではありませんし、放課後の概念がないので、どういった活動ができるのか不安かもしれません。

とはいえ、学校比較のために取り寄せたパンフレットにも部活動の写真なんかが出てきます。

全国大会に出場するほど本格的に活動している部活や、通信制ということでオンラインで活動する部活があったりと、取組内容は様々です。

部活動への所属を想定している場合、たとえ通信制高校でも学校によってそれは実現できるので安心できますよ。

体育会系の部活

全国高等学校体育連盟では、部活に所属している生徒の人数についてまとめてくれています。

全国高等学校定時制通信制体育大会の種目別参加生徒数(平成9年度~平成21年度)

体育会系の部活に関しては、大会も開催されているので本格的に活動できます。

想像以上の人数が登録されていますね。

ただ、団体スポーツの場合は部員の数が揃わないと成り立たないのと、練習をするためのグラウンドがないなど、運営に関して難しい部分も存在します。場所を借りて練習をすることになるので、そのあたりの煩わしさも多少ネックです。

もちろん各通信制高校にすべての部活が存在するわけではないので、最初からやりたい部活が決まっている場合はよく調べたほうがよいですね。

文化系の部活

文化系

文化系の部活のほうが運営のハードルは低そうです。
活動場所や、部員数が限定されていても問題にならないものが多いですので。

オンラインで活動する部活もあり、イメージしやすいのは囲碁や将棋などですね。

一歩間違えば、ただゲームで遊んでいるだけということになってしまいそうですが、取り組みレベルが高くて、他の人と対戦するようなものであれば、自己鍛錬も必要でしょうし、課外活動としては意味のあるものと思います。

どちらかといえばゆるいサークルや部活もあるようです。
引きこもりを脱するためのリハビリとして考るというような参加の仕方もあるかもしれません。

オンラインでスポーツをする部活もあります。
e-sportsと呼ばれるものですが、スポーツなのか、文化系なのかよくわからないです。

ゲームなのでは?とも思ってしまいますが、スポーツの括りなのでしょうか。

オリンピックの正式種目に取り入れるかというような話も取り沙汰されていますが、個人的には違和感を感じます。

e-sportsなのではなくて、やはりスポーツゲームなのではないかと。

いずれにしても、勉学以外で取り組む部活としては、形式はなんでも良いとは思います。
なんらかの団体に所属して行う活動でも勉強になることは少なくないでしょう。

部活によって育まれる自主性

通信制高校で取り組む部活は、全日制の高校よりも自主性が問われると思います。

毎日通学して決まったスケジュールで行う形式ではなく、日程や場所を調整する必要性も出てきます。

大会などに向けてスケジュールを考慮しながら運営していくわけですが、日常的に顔をあわせない部員同士なので、コミュニケーションも難しそうです。

各人の自主性によって運営内容の充実度が変わってきやすい側面がありますので、むしろ全日制よりも得られるものが大きいかもしれません。

勉学に関しては通学する機会が限定されているので、集団生活の中で得られる協調性や協力関係について学ぶことはできません。

生徒の特性にもよりますが、可能であれば、部活動には積極的に参加した方が充実した高校生活を送れそうです。

今はSNS等があるので、部活の連絡網やグループに参加するのも簡単でよいですよね。

いじめの温床にもなるみたいですが、ある程度の事情を抱えた生徒が多いでしょうから、お互いにそういったことはないと信じたいですね。

名古屋の通信制高校の部活を調査

文化祭

名古屋にある通信制高校の各ホームページを見てみましたが、部活動に関しての情報があまり掲載されていません。

第一学院高等学校、飛鳥未来きずな高等学校などは多少雰囲気がわかるような情報も掲載されていますね。楽しく活動されている雰囲気が伝わってきます。

ホームページだけでは状況がわかりにくいので、まずは資料請求してみて、パンフレットを確認してみるのが良さそうです。

娘が名古屋の通信制高校に入学しました
娘が通信制高校に入学しました。 色々と葛藤やら紆余曲折があったのですが、通信制高校入学に至る過程をまとめておこうと思います。 どなたかの参考になれば。。。 内気な娘が吐露した「高校に行きたくない」という言葉 もともと娘は内気...

部活動のみではなく、学校全体の雰囲気がわかりやすいです。ほとんど通学することがないにしても、学校の状況がそのまま教育過程にも現れていると思います。

良い悪いではなく、その子にあった環境があると感じていますので、よく比べてみて、教育環境を選びましょう。

学校説明会や個別説明会を実施している学校も多いので、パンフレットでおおよその情報を得られたら、その後に実際に学校を見に行ってみるとよいですよ。

ある程度候補を絞ってからじゃないと大変ですので、重視したい条件を加味しながら精査が必要です。

考えてみれば、生徒の雰囲気がわかるのは、部活動に参加している時だけかもしれませんね。普段は自宅で学習しているので、生徒の様子を伺うのは難しいです。

部活動の状況を確認するのが難しい場合でも、文化祭や体育祭を覗いてみると良いかと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました